自己資金0円で開業できる仕組み | TORANAVI | 資金0で一等地に店を持とう

トラナビ通信

  • トラナビ通信2022.09.08

    おはようございます。金子です。
    台風の影響か、ここ数日どんより天気と蒸し暑い日が続きますね。

    今日は、私たちが行っている開業の仕組みについて少しお話したいと思います。先日、飲食店を自己資金0円で開業できるという話は、ほぼ不可能であるというある記事を見かけました。
    “ほぼ”なのでゼロというわけではありませんが、その数少ない開業方法が私たちの「トラスト方式」という仕組みです。

    自己資金だけでなく、解約金もゼロです。
    私たちは、新規開業や独立したい“情熱”と“腕”を持つ料理人に対して、この仕組みを使っての開業チャンスを提供しています。このやり方でこれまで述べ300以上の店舗を生み出してきました。

    そんなうまい話無いだろ、と思われるかもしれませんが事実です。

    私たちにとってこの仕組みは料理人に対しての“投資”なんです。
    何が何でも自分のお店を持ちたい!というその熱意と、現場で培った料理の腕(自信)に投資するんです。
    もちろんビジネスではありますから、無条件で投資するわけではありません。
    その想いを体現するために、試食会を通して料理の味を見ることや、メニューやコンセプト、損益計算書など細かい事業計画を立てるなど、厳しい審査を行います。

    その厳しい審査を乗り越え、私たちがそれを認めるということは相応の価値があり、店を任せられると判断したからです。
    なので、万が一、閉店になったとしてもそれは店を託した私たちにも責任があるわけです。
    解約金が掛からないというのはそういった背景があります。

    もちろん、突然お店を投げ出したり、約束を守らなかったり、筋を通す場合に限ります。何も難しいことはありません。人として当たり前のことです。

    開業ひとつとっても、自己資金を貯めて、資金調達をして、FC契約でなど様々な方法があります。その中の選択肢として、トラスト方式という仕組みがあるんだと、是非覚えておいてください。

    開業の仕組み
    FCと当社システムとの違い

     

    この記事を書いた人
    コンサルタント 金子
    トラナビのコンサルタント金子です。 各SNSでもコラムやツイートをしています。 店舗オープンに向けてや運営している店舗のことを書いていきます。