待っていても客は来ない | TORANAVI | 資金0で一等地に店を持とう

トラナビ通信

  • トラナビ通信2022.07.20
    皆さんは“広告”と聞くと、どんなイメージを持たれますか?
    お金をかけて何かに掲載するものと認識される方も多いのではないでしょうか。
     
    今日お話したいのは、SNSについてです。
    Twitter、Facebook、Instagram、最近だとTickTokもユーザーが増えていますね。
    これらを総称してSNSと呼びます。
     
    あれ?広告の話じゃなかったの?
    SNSってただ単に自分の好きなことや起こった出来事を周りに発信するツールじゃ・・
    そう思っていませんか?
     
    いやいや、SNSは立派な広告媒体なんです。
    私がこれまで見てきた飲食店の経営者で、SNS(インターネット)とか良く分からないから必要ないよ!
    という方もいらっしゃいました。昔に比べて大分減ってはきましたけどね。
     
    ひと昔前、デスクに座ってパソコンで調べないと情報が分からない時代もありましたが、
    今は、ポケットにパソコン(スマホ)が入り、いつでもどこでも情報にアクセスできる時代です。
    外食しようとする時、食べログやGoogleの口コミ、SNSやホームページなどで吟味してから
    決めるお客さんはとても多いです。
     
    SNSを活用すると多くのメリットがあります。
    例えば―
    ・今すぐにでも始めることができる
    ・無料でお店を宣伝ができる
    ・お客さんの生の声が聞ける
    ・お客さんが勝手にお店の宣伝をしてくれる
    ・SNS目当てのファンを獲得できる
     
    対照的にデメリットもあります。
    ・投稿内容によってはお店のイメージダウンになる
    ・継続が大変&止めてしまうと逆効果になる
    ・ファンが付くのに手間と時間が掛かる
     
    うまく活用できれば、どんどんお店をアピールできる反面、
    マメな投稿を意識しないといけないという点はありますね。
    ただSNSは、「無料」で店舗の魅力を「大勢」の人に「リアルタイム」で
    アプローチできるとても優秀な媒体です。
     
    つまるところ、無料で使えるのに活用しないと勿体ないよ!というお話です。
    まだ手を出せていない方は是非、お店をアピールするツールのひとつとして
    チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
    この記事を書いた人
    コンサルタント 金子
    トラナビのコンサルタント金子です。 各SNSでもコラムやツイートをしています。 店舗オープンに向けてや運営している店舗のことを書いていきます。