お問い合わせ 説明会参加

トラスト方式とは

「初期費⽤」も「保証⾦」も不要で「駅前⼀等地」への開業機会を提供

料理⼈は情熱技術だけで
駅前⼀等地に個⼈開業が
可能

 料理人の独自性

 企業の組織⼒


独⽴の不安やリスクを最小限にした飲⾷店開業

他の出店方法との違いは?

飲食店の出店方法には、大きく分けて、賃貸借、フランチャイズ、業務委託での開業と分かれます。

自身で店舗契約 ムジャキフーズの提供する
トラスト契約なら!
従業員獲得 自身で広告費を負担し応募
(例:タウンワーク3~10万)
基本的に自己負担だが開業時のみ
企画書に盛り込めばムジャキフーズ負担で募集
食材仕入 自身で業者開拓、価格交渉 ムジャキフーズの取引業者を活用可能
価格もスケールメリットにより
他業者より低価格また信用取引により買掛が可能
店舗取得 自身で物件探し、取得費用は自己負担
(保証金、手数料、内外装費)
ムジャキフーズ取得の一等地物件を選択・取得
費用は0円(ムジャキフーズ負担)
内外装費 自身で負担
(例:ラーメン店1,000万)
ムジャキフーズ負担
その他開業費用 全て自身で負担 交通費の除き全てムジャキフーズ負担
解約 6ヶ月前通告:
即日解約はペナルティ有(家賃6ヶ月分)
1ヶ月前通告:
即日解約時はペナルティ有(固定費1ヶ月分)

合格後のフロー

3つの要素のコラボレーション

トラスト方式の強みは「一等地」に出店できる資金力(「一等地」)、商品やサービスの差別化ができるノウハウや技術(「職人」)、そしてより高い収益性を確保するための経営ノウハウ(「商人」)の3つの要素を、業務委託者と補い合いコラボレーションさせることによって、超繁盛店を創出できることです。

● 「職人(技術力)」 +「一等地(資金力)」
● 「商人(経営力)」 +「一等地(資金力)」
● 「職人(技術力)」 +「商人(経営力)」

トラスト契約が選ばれる理由

個人で物件を取得する際には、「物件の情報が来ない」「信用が足りず物件が借りられない」などの問題があります。 最も大きな問題としては、「保証金など契約金が高い」ということではないでしょうか。
開業資金がある程度用意できてもこれら物件取得や開業準備のために全て使ってしまったら、開業後の不安が出てきます。 開業がゴールではなく店を永く続けることが重要ですので、開業資金をかけずに、持っている資金を運転資金に回すということは、経営を続けていくために重要なこととなります。

昨今、飲食店を開業しても1年以内に50%が閉店、3年以内に70%が閉店、10年以内に90%が閉店していると言われています。そもそも、お店を出して必ず儲かるのなら誰もが開業を目指すでしょう。
起業のイメージがしやすいIT業界ですら生き残るのは10%以下とも言われています。 つまり、どの業界においても独立・起業・開業は失敗するのが常。その失敗のリスクをいかに小さくできるかが重要だと考えます。

失敗するリスクを少なくするために「資金を貯める」「経験を積む」「コンサルタントを雇う」「綿密な計画を立てる」など色々なことが考えられますが、必ずしも成功を約束するものではありません失敗のリスクで一番大きく感じるのはやはりお金です。 失敗したときの借入返済や違約金などのリスクを減らすとなると、開業資金以外の運転資金が必要となります。