トラスト契約とは

入社から独立開業までの制度」でご説明しているように、入社をし店舗で勤務しながら自分のやりたいお店の企画を会社と一緒に作り、その企画が通れば新店舗オープン、店長としてお店を運営し売上が安定したら店をそのまま引き継ぎ独立となります。その際に当社と締結する業務委託契約を『トラスト契約』と呼んでいます。

そもそも「業務委託」とは、委託者がある一定の仕事を受託者に依頼し、受託者は自分の責任・管理のもとでその仕事を行う働き方です。
委託者と受託者に雇用関係はなく、業務委託契約を結び、対等の立場でやり取りを行います。

他の出店方法との違いは?

飲食店の出店方法には、大きく分けて、賃貸借、フランチャイズ、業務委託での開業と分かれます。

賃貸借

自ら物件を探し、賃貸借契約によって物件を取得、開業までの準備において、開業にかかる費用は全て自己負担、自己手配で行う必要があります。時間と労力、そして資金が多くかかります。

フランチャイズ

店舗屋号や経営ノウハウを受けられますが、その代償として、加盟金を支払う必要があり、また、開業までの物件取得や準備資金も自己負担、自己手配が必要になります。

業務委託

店舗の運営を委託されます。初期費用不要で開業が可能ですが、物件の取得や内外装工事・厨房機器の設置等までは委託者が負担しますが、厨房備品や食器、ユニフォーム、広告費などについては受託者(開業者)が負担するというケースがほとんどです。

トラスト契約の強み

資金を温存して開業

「トラスト契約」での業務委託は、前述した業務委託のケースと少し異なり、開業に必要な資金は、当社が投下資本として負担するため、あなたの資金は独立時の運転資金に回すことができます。
よって初期費用・保証金は0円。
個人で物件を取得する際には、「物件の情報が来ない」、「信用が足りず物件が借りられない」などの問題があります。 最も大きな問題としては、「保証金など契約金が高い」ということではないでしょうか。
開業資金がある程度用意できてもこれら物件取得や開業準備のために全て使ってしまったら、開業後の不安が出てきます。 開業がゴールではなく店を永く続けることが重要ですので、開業資金をかけずに、持っている資金を運転資金に回すということは、経営を続けていくために重要なこととなります。

昨今、飲食店を開業しても1年以内に50%が閉店、 3年以内に70%が閉店、10年以内に90%が閉店していると言われています。 そもそも、お店を出して必ず儲かるのなら誰もが開業を目指すでしょう。 起業のイメージがしやすいIT業界ですら生き残るのは10%以下とも言われています。 つまり、どの業界においても独立・起業・開業は失敗するのが常。その失敗のリスクをいかに小さくできるかが重要だと考えます。

失敗するリスクを少なくするために「資金を貯める」「経験を積む」「コンサルタントを雇う」「綿密な計画を立てる」など色々なことが考えられますが、必ずしも成功を約束するものではありません。失敗のリスクで一番大きく感じるのはやはりお金です。 失敗したときの借入返済や違約金などのリスクを減らすとなると、開業資金以外の運転資金が必要となります。

高い集客力を獲得

一等地物件を扱っているため、開業した際に安定して高い集客が見込める可能性が高いです。 また、万が一何らかの理由で売上が低迷しても、一等地という立地がゆえに、起爆剤を与えればV字復活させる可能性が高くなります。


入社から独立までの流れ

 入社(社員へ)
  ↓
 新店舗オープン(店長へ)
  ↓
 トラスト契約締結
  ↓
 退職
  ↓
 独立(オーナーへ)


雇用の考え方

何名体制でどのようなメンバーで営業をするのかはオーナーが決めますので、従業員を雇用する場合はオーナーが雇用することとなります。 よってその労務費はオーナーが得た報酬から賄うこととなります。

店長と店主(オーナー)との契約の違い

報酬について

売上-(材料費+家賃+光熱費+本部費+その他諸経費)=報酬 ⇒あなたの手取り
※本部費とは業務委託契約にあたる経費(固定費)です。


店長と店主(オーナー)との数字シミュレーション

例)売上1000万円、原価率30%、水道光熱費7%、家賃150万円、の場合
オーナーとして独立し、自身の努力で売上を上げる、もしくは原価を抑えられれば、店長時代と比較し報酬が増えることとなります。

■売上を上げた場合 売上増加の場合

■原価率を抑えられた場合 原価率減少の場合

3つの要素のコラボレーション

店舗経営の成功要素には、以下の3つがあると当社では考えており、これらをコラボレーションさせた店舗展開を行っています。
①一等地に出店できる資金力 ⇒「一等地」
②商品やサービスの差別化ができるノウハウや技術力 ⇒「職人」
③より高い収益性を 確保するための経営力 ⇒「商人」

このように料理の腕を持ったやりたい職人がチャレンジできる仕組みがトラスト契約です。

3つの要素のコラボレーション

飲食店開業のトラナビをもっと知る!

説明会はこちらから あなたの技術と情熱をお待ちしております
ページトップ
飲食店開業のトラナビホーム入社~独立開業制度事例インタビュー・実績応募から開業までの流れトラスト契約とはお問い合わせ運営会社概要プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright © 飲食店 開業・飲食 独立なら【トラナビ】produced by ムジャキフーズ All Rights Reserved.