LINE友達追加 お問い合わせ 説明会参加

合格者の声

VOICE OF SUCCESSFUL APPLICANT 小野寺 浩司
沖縄そば かんから食堂
業態:沖縄料理 エリア:渋谷

Q1

オーディション合格後の感想を教えてください

オーディションに挑戦したのが2020年9月10日(木)でした。
あれから7ヵ月が経過しましたが、今でも嬉しかった事を覚えています。
前日に持ち物の準備を始め、内心ワクワクしながら準備に取り掛かっていました。
どのように調理するかイメージトレーニングを行ったので、当日は想定した通りに
料理提供できました。
審査員から高い評価を頂いたり、改善点の指摘もありましたが、やっぱり、合格した瞬間の
記憶が一番残っています。

Q2

どんな人にこのシステムをお勧めしたいですか?

今、社員として料理人をされていて、近いうち開業をしたいと考えている人にお勧めしたいです。
僕はサラリーマンとして料理人を経験しながら、いつかは個人出店したいと考え、開業準備を実際に行ったことがあります。
ところが、現実は厳しいもので一般的な企業で働いて得た給料とボーナスを持ってしても、費用の問題で開業することが
出来ませんでしたが、たまたまインターネトで見かけたトラナビの「¥0開業」の広告を見て、こんな手段があるのかと思い
相談会に参加しました。

Q3

開業まで難しく感じた点はありますか?

企画書の準備が大変に感じましたが、その後はエスカレーター式でスムーズに上まで登れた
印象です。
もし友人に、「完全な個人出店・トラナビ どっちに優位性があるか?」と聞かれたら断然、「トラナビ」をお勧めします。

Q4

緊急事態宣言下のオープンですが、何か心がけている事はありますか?

徹底した掃除とサービスです。
サービスは「丁寧に挨拶を言う」ちょとした心の気遣いです。
女性に支持されるお店を目指しているので、カウンターではなくテーブル席に積極的に案内したりまた、常連のお客様には電話で
営業時間のご案内をしています。
そこで、「頑張ろうね」とお客様から言葉を頂いたりすると、それらに支えられて今があるんだと温かい気持ちになります。
あとは、美味しい料理を妥協せず提供することですね。

Q5

これからチャレンジされる方へひとこと

細かいところまで気にして丁寧にサービスを提供しているお店は、多少時代背景の影響はあるものの、逆境の状況の時こそ店の”強さ”は売上数字に現れます。
幸い、当店は大きなお客様離れは起きていません。
緊急事態宣言が明けた後は、常連客も「また遊びに行くよ」と言ってくれているので安心して営業をしています。
飲食業界が好きな人、一緒に盛り上げていきましょう。