らーめん 金伝丸 渋谷

photo_kinden_main
オーナー
古川 潤也
店名
らーめん 金伝丸 渋谷
業態
ラーメン
エリア
渋谷

開業者の事例インタビュー

アルバイトからオーナーへのサクセスストーリーを教えてください!

いえいえ、サクセスストーリーなんて偉そうな話ではないですよ(笑)
18歳でムジャキフーズにアルバイトとして入社し、その後23歳で社員として再採用してもらい、1年半働きました。オープンからいたそのラーメン店の店長がトラナビの開業支援を使って店を引継ぐ形で運営することになったので、私も退職して一緒についていき従業員として1年働きました。
その後、そのオーナーの契約期間が満了したので、私は再度ムジャキフーズに社員として入社しました。これまでの経験からすぐに店長を任せていただくこととなり、管理者としての経験を積みました。
そして、2015年6月から、当時の店長の様に私もオーナーとしてその時配属されていたお店を引継ぐ形で独立し、今に至ります。

もともと独立したいという気持ちはあったのですか?

両親が、元々自営業でペットショップを営んでおり、その影響で自分もいつかは独立したいと思っておりました。私は三兄弟で、一時期は三人で店を継ぐ話もあったのですが、私がやりたい店はやっぱり飲食店だったので、飲食で独立するために腕を磨こうと思いました。
会社の店長会議の後に食事会をしていた時に、会社の取締役の方が相談に乗ってくださり、自分でオーナーとして開業することを勧められたことで、よしやろう!という決心をしました。

独立してすぐの心境を教えてください。

もちろん、始めた当初から現在も不安で一杯です。当初は売上が上がるのか?どのくらい自分の収入が残るのかなどが全く分かりませんでした。分からないことだらけでしたが、自分でまずはやらなくては覚えられないので、お金の管理や動きなどを誰かに任せることなく自分で行っていました。
一年目はそのような不安を持ちながら過ごしましたが、良い緊張感を持てたと思います。
二年目になると慣れてくるので、今までの緊張感が無くなってくることに対しての不安はありますが、従業員が本当にいい人ばかりで常に助けられ、日々乗り越えてます。

経営者の立場になって苦労を感じることはありますか?

一番苦労したのは、距離感です。
店長時代は、従業員との距離感が非常に近く、ほぼ同等目線で仕事行っており、独立当初も同様のスタンスでした。すると、近すぎるため、様々な不満が飛び交うようになり、数人の従業員が去ることになってしまいました。今は、ある程度の距離感を保ちながら、仕事をし、うまくいってます。
なるべく定期的に食事に行ったり、アルバイトだけを連れて一人単価2万円位の肉を食べさせていったことも有り、非日常を体験させてあげるようにしています。

今後の展望を教えてください。

まず、完全独立を目指してます。現在はムジャキフーズとの業務委託契約によって場所を使わせていただいて自分のお店をやっていますが、将来的には、自分で場所を借りて、自分の手で店を作って運営したいと考えています。
そしてさらにその後は、私が開業支援を受けたように、自分の従業員で独立したい人に店を投資し、夢を叶えてやれたらいいなと思っています。

他の事例インタビュー

説明会の参加はこちらから あなたの技術と情熱をお待ちしております

飲食店開業のトラナビをもっと知る!

説明会はこちらから あなたの技術と情熱をお待ちしております
ページトップ
飲食店開業のトラナビホーム入社~独立開業制度事例インタビュー・実績応募から開業までの流れトラスト契約とはお問い合わせ運営会社概要プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright © 飲食店 開業・飲食 独立なら【トラナビ】produced by ムジャキフーズ All Rights Reserved.