厚切りステーキ JIKABY’ 自由が丘

photo_jikaby_main
オーナー
田口 正紀
店名
厚切りステーキ JIKABY’ 自由が丘
業態
ステーキ
エリア
自由が丘

開業者の事例インタビュー

これまでの経歴と独立を目指したきっかけを教えてください。

大学卒業後、1年間広告代理店に勤務し、山梨県のタウン誌の編集をしながら、様々な飲食店を取材で回っていました。それから約18年間飲食業界で続けています。接客、技術を学んでいたが、人を使うことを学ぶために支配人なども経験しました。ビアレストランやホテルのウエディングキャプテン、ソムリエ等も経験しました。
独立を意識し出したのは、高校生の時です。わくわくできる空間を創造したいと思うようになりました。地元が秋田なのですが、実家ではなかなか外食するということが無く、たまに外食に家族で出たときはいつもワクワクしていました。そんなとき、僕もこんなお店を作りたいな!と思ったのがきっかけです。

初めて独立するというのは不安があると思いますがいかがでしたか?

不安はもちろんありました!このお店をやる前も世田谷区で小さなお店を経営していたのですが、その時も、今回も助けてくれたのは妻でした。妻の支えと心強い「だめならだめでその時に何とかすればいいからやってみよう!」という言葉にいつも背中を押してもらっています(笑)

開業後に悩んだことはありますか?

人材の件です。始めはスタッフが集まらず、本当に苦労しました。良いサービスを提供したいのに人手が無ければ何も始まりませんからね。今いるスタッフは本当にこの数ヶ月でかなり成長してくれました。人に任せるということはなかなか難しいですが、スタッフたちに任せることで何倍ものスピードで成長できるんだなということを実感できました。
あとは、職人と経営者の両立は難しいなと思いました。職人としてどっぷりつかってしまうと、マーケティングがおろしかになってしまいます。早急に右腕となる人物を育てて、自分は経営者としてマーケティングに力を入れ、企業理念をしっかりとスタッフに浸透させていくことが大切だと感じています。

独立開業をされて変わったこと、感じたことは?

経営者的思考ができるようになってきていると思います!職人魂のかたまりだった頃は、お客様目線を無視していたと思います。しかし、今は、お客様が何を求めているのか?ということに神経をとがらせるように変わってきました。そうすると、客数も売上も変わってくるんです。
以前に、売れると思って商品を値上げしたことがありますが失敗したことがあります。自由が丘のお客様は、平日は早く出て安くてパッと出るものを求めていて、休日は高くても良いものを求めるお客様が多いのですが、それがわからず当時は混乱して一本化していました。

これから開業する方へメッセージなどあればお願いします!

何事もやってみなければ良いも悪いも結果は出ません!思い立ったら即実行して経験値を上げることが大切だと思います!ただ、勘違いしてはいけないのは、経験もないのにやることかなと思います。自分の力量を理解するということです。こうしたい!と決めたらそれをやり遂げるためには何をしなければいけないのか、今何が足りていて何が足りないのか自分を見直すところから始めなければいけないと思います。お店を出すのは簡単ですが、お店を何年も続けることは実に難しいです。いつでもチャンスが来た時に、その波に乗れるようにした準備を万全にしておくことが重要だと思っています。

他の事例インタビュー

説明会の参加はこちらから あなたの技術と情熱をお待ちしております

飲食店開業のトラナビをもっと知る!

説明会はこちらから あなたの技術と情熱をお待ちしております
ページトップ
飲食店開業のトラナビホーム入社~独立開業制度事例インタビュー・実績応募から開業までの流れトラスト契約とはお問い合わせ運営会社概要プライバシーポリシーサイトマップ
Copyright © 飲食店 開業・飲食 独立なら【トラナビ】produced by ムジャキフーズ All Rights Reserved.