2009年10月のエントリー

 前回に引き続き・・・『沖縄そーきそば はいさい』の新屋敷店主にお話を伺いました!

 

1789hasai2.jpg

 

------------今後の展望などぜひ教えてください。

おかげさまで売上げは安定してきましたが、今後、底上げアップの為には常連さんはもちろん、新規のお客様に来てもらうことが重要だと考えています。

ホームページやブログを充実させて、来てくださったお客様にクチコミの要素になる店のウリをしっかり伝えていきたいです!

もっと先の展望ですか?将来的には自分が料理の世界で育った銀座でお店を出したいと思っています!

 

2965haisaiin.jpg 

店内はゆったり過ごせるような席の間隔が工夫されている

 

------------新屋敷店主の考える、トラスト契約のメリットは何だと思いますか?

そうですね、儲けが出る出ないに関係なく、いろいろな意味で貴重な経験が出来ることですかね。

ムジャキフーズのバックアップは心強いですから。

それにムジャキフーズほど店を繁盛させることに真剣な会社はないと思います。

オープン当初、内海常務がのれんの位置を10センチずらしては戻したりして、少しでもお客様の入りやすい状況を試行錯誤していたのを見て、感銘を受けたのを今でも覚えています。

 

1831haisai4.jpg 

 店内に店主こだわりの泡盛がならぶ。中にはメニューにはないユニークなものも!

 

------------今後、トラストB契約をしようと考えているチャレンジャーに何かメッセージをお願いします!

自分はトラストB契約からのスタートだったのですが、まずはトラストA(アシスト)契約から着実にやっていくのも良いかもしれません。

開業から考えても、個人ではかなり困難が多いですから。本当に全て自分で自由にやりたいのなら、まずどんな手続きとどれほどの時間とお金が必要か調べてみればいいと思います。

それを知らないままだと、甘えてしまいがちですが、ムジャキフーズがサポートしてくれることをどれだけメリットと思えるか。

店の経営は、決して料理の味が全てではないのです。自分の場合、料理は3割くらいかな?って思います。

たとえ金銭的に予想よりマイナスになっても、他にプラスになることが山ほどあります。今の目の前だけでなく、先々を見てプラスになることを考えてみて、ぜひチャレンジしてほしいと思います!

 

終始、穏やかな表情で様々な話を懐かしむように語ってくれた新屋敷店主。

一度でも『はいさい』を訪れれば、また必ず訪れたくなるお客様が多くいるのも納得です☆

 

新屋敷店主、ありがとうございます!

 

開業追っかけルポ~沖縄の星編~や、先日のとらすけグルメ日記でも紹介した『沖縄そーきそば はいさい』

 

1296haisaitop.jpg

渋谷センター街の渋ビルヂング3階にひっそりと店をかまえるこの『はいさい』、"看板がない隠れ沖縄料理店"としてじわじわと確実にファンを増やし続け、このたび10月1日(木)でオープン1周年を迎えまました☆

 

そんな『はいさい』で店主をつとめる新屋敷店主にお話を聞いてみました!

 

------------オープン1周年おめでとうございます!同時にトラストB(ベーシック)契約をスタートさせてからも1年となりますが、お店の調子やご自身の心境などいかがですか?

 

はい、ありがとうございます!この1年いろんなことがありましたが、何とか1周年を迎えることができました。

ご存知の通り、看板がないので素通りされることが多く(今でもありますが)、オープン当初は看板を出したい!通りに出て呼び込みをしたい!と思っていて・・・よく止められました(笑)

今となっては逆にこんな場所で看板が無いことが話題になって、クチコミで広まったり、少しずつ雑誌なんかでも紹介されるようになりました。

そんな店舗をつくってくれたムジャキフーズはやっぱりすごいと思います。 おかげさまで、今は毎日楽しいです!

 

1150sibubild.jpg

渋ビルヂングの3階にある『沖縄そーきそば はいさい』

 

------------この1年で印象に残っている出来事などはありますか? 

オープン前の話になってしまうのですが、企画書のプレゼンの機会があって、その時にムジャキフーズ代表の田代社長に「3ケ月連続で、手元に残るお金が0円だったら?」と質問されて、「この条件で、そんなことがあったら自分は才能が無いので辞めます」って答えたんです。

この通り、辞めていませんが・・・思った様にはいかなかったなって(笑)

今までもずっと店の責任者をやっていたので、場所は申し分のない一等地なのだし、今まで通りやればうまくいくと思ってたんですが、甘かったですね。

 

5060haisaitop2.jpg 

1階は『らーめん金伝丸』 ビルの入口にも通りにも大きな看板は無い。 

 

------------現在は売上も安定し、順調なようですが?

売上が安定してきたのは常連さんがついたおかげです。常連さんが新しいお客様を連れてきてくれて、そのお客様が常連さんになる・・・そんないい流れが出来てきたんじゃないかと感じます。

 

1788haisai1.jpg

厨房に立つ新屋敷店主。この場所と大きさだからこそ全部のお客様に目が行き届くのだそう。

 

------------幅広い層のお客様が多いですね?

場所がらと『沖縄そーきそば』とあるからか、夜でもお酒を飲みにいらっしゃる方々だけでなく、おひとりさまのお食事のご利用も多いのですが、今はその共存が必須であり、それなりにうまくいっています。

ターゲットが明確でないと感じる方もいるかもしれませんが、方向性は間違っていないと思います。

それに『はいさい』が老若男女、いろんなお客様に愛される店であることは何より嬉しいことです!

 

------------そうですね!では今後の展望などありましたら教えてください! 

~次回、その②へ続く☆~ 

 

Takakoこだわりの品々公開!

   今日は、女流鉄板Takako今お勧めのメニューをご紹介いたします!

DSCF2707.JPG

こちらは、まず一口サイズの佐賀牛のステーキと、

季節の野菜の肉巻きサラダ。

コースの最初にお肉を食べると、より一層お肉の旨みや香り、味を堪能できます。

DSCF2710.JPG

こちらは、フォアグラ。今回は、ほろほろ~っと溶けるフォアグラを

ブランデーの香りに包まれたリンゴと共にクレープで巻いて食べます。

 

クレープがもちっ...。フォグラがほろほろ じゅわぁ~...。

甘酸っぱいりんごのアクセントもフォアグラをより引き立たせてます!

DSCF2712.JPG

こちらはメインのお肉。

左は一頭の牛からわずか3~4キロしかとれないという幻の肉。ざぶとんです。

焼肉屋さんで稀に見かけても、見事に薄くスライスしてあるこのお肉を

この見事な厚さで食べるのは本当に貴重です!

奥はフィレ肉。フィレとは思えないほどのジューシーさ。

 

焼き手が肝心の鉄板焼。女流鉄板Takakoでは、椎谷大将はもちろんのこと椎谷大将の右腕である平泉さんもお客様から絶大な支持を得ている焼き手です。

一度、一流女性焼き手達の見事な焼きっぷりを味わってみてください!

JR代々木駅の西口を出て数十秒のところにある、「九州らーめん 學金(がくきん)」

店名の由来は「学び続けることでいただくお金に値するラーメンをつくり続ける」

予備校や専門学校に通う学生の多いこの街にぴったりな店名です!

 

1805gakukin1.jpg

こちらは、10月6日(火)にオープンしたばかり。角地にあるので、反対側にも看板があり見逃すことはまずない駅前スポットです。

 

1808gakukin2.jpg

平日の20時すぎ、店内は満席!通りからもオープンな店の明かりと活気に誘われるように次々に人が立ち止まり、次々と中へと入って来ます。

少し待って中へ。さっそく注文! 

1810gakukin3.jpg

新味(しんあじ)

濃厚豚骨スープを焼きあじ干を併せたWスープ、新感覚のあっさり味がクセになります!

 

すっかり満足して外に出てみると・・・ 

1815gakukin4.jpg

いつの間にかこんなに人が!

まぶしいほどの黄金色!?代々木駅前に光り輝く「學金」は今後も通りを通る多くの人を惹きつけそうです☆

"食欲の秋"真っ盛り☆というコトで、とらすけとサラリーマンの憩いの地(?)新橋へ。

やってきたのは駅前にある『パフォーマンスキッチンMA-RU(マール)』

1770maru1.jpg

店舗は約8坪、席数は13席、明るく開放的な店内で、ご覧の通りの超オープンキッチン!

 

こちらのお店、9月にオープンしたばかり。希望者が1カ月に2日間ずつオーナーを担当、好きな業態で料理を提供し、お店を営業しているとってもユニークなお店。

料理好きな主婦、人気レシピブロガーから、将来お店を持ちたいと考えている料理人まで、調理テストなどの規程をクリアすれば誰でもここのオーナーになれるそう!

 

1775maru2.jpg 

この日のオーナーはお子さんがいらっしゃる主婦の方。「恥ずかしがりなので・・・」とのことで、限界ショットいただきました☆

コンセプトは『野菜がたくさん摂れる家庭料理』

 

1771maru6.jpg

店内にはこんな感じで料理がディスプレイされています。ディスプレイのデザインや使い方はもちろん自由。

美味しそう・・・ハイ、さっそく注文!

 

1776maru3.jpg

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

 

1777maru4.jpg

海老の香草焼き

シンプルながら味はどれも本格的です☆

 

デザートのグレープフルーツゼリーをサービスしていただきました♪ありがとうございます☆

1779maru5.jpg

自己資金0円で、店舗、材料、調理補助、ホールスタッフは運営本部で用意。ノルマなどはなく1日ごとに委託料も支給されるとか(2010年2月まで)

普段の職業はサラリーマンの方はもちろん、書道家で書き損じた作品をランチョンマットにするオーナー、自分が体調を崩したのをきっかけに料理好きになったオーナーなど、ストーリーは様々。

 

将来独立を考えている料理人の中には、自分の料理がどこまで通用するのか、身内の意見ではない辛口コメントを求め腕試しとして臨む人も多いとか。

 

ある時は絶品家庭料理、またある時は本格イタリアン、和食、洋食、カフェ・・・。 

今日はどんなオーナーのどんなお店?そんな楽しみを持ちながら訪れるもよし、オーナーとして挑戦するもよし。

ぜひ一度訪れてみてはいかかでしょう?

 

詳しくはコチラ→ パフォーマンスキッチンMA-RU