2009年9月のエントリー

渋谷センター街の"沖縄"と言えば・・・「沖縄そーきそば はいさい」

センター街に遊びに来る"ないちゃー"の若者から、生粋の沖縄人"うちなーんちゅ"まで、とにかくいろんなお客さんが訪れます。

そんな「はいさい」をOPEN前から、追っかけてきたとらすけ。もちろんその愛(?)は継続中です☆

本日は、"ゴーヤーちゃんぷるー"や"海ぶどう"などなどの定番料理のもとで、光る逸品メニューを紹介します。

 

1793haisai4b.jpg

まず1品目は「紅芋と田芋のコロッケ」

どちらも沖縄では有名な食材のひとつ。水田で育つので"田芋"だそうです。繊維質が豊富なので消化率も高く、鉄分、カルシウムも多く含んでいる優秀食品。

あえてシンプルに仕上げているので素材の味をしっかり味わえます。醤油でもソースでもなくマヨネーズを付けるのが・・・正解。オリオンビールに合いますー。

 

1785haisai3s.jpg

続いては...「島豚あぐーの網焼き」

幻の豚とも呼ばれるほど希少価値の高いとされる沖縄のアグー豚を贅沢に使って網焼きに。

脂身が甘いのに、けっしてしつこくない。こんなレアな仕上げにできるのは、アグー豚と特徴のひとつの豚肉特有の臭みがほとんどないことはもちろん、鮮度が高いからこそ。

海洋深層水塩もしくは、久米島みそ&バルサミコの超特製ソースで。このソースは他では絶対に味わえないと言っても過言ではないウマさです!泡盛に合いますー。

 

 

1786haisai2.jpg

こちらははいさいの新屋敷店主のもとで働く期待の新人さん。逸品メニューのように、光ってます☆

でもこのようにシャイな男子です。はいさいのハニカミ王子(古い)です。詳しくは、はいさいぶろぐでどうぞ。新屋敷店主と息ピッタリ!合ってますー。

 

1784haisai1n.jpg

そして最後はコチラッ!「なかみそば」

沖縄の定番料理、中味汁(豚のモツのお吸い物)を沖縄そばにしたものです。

東京の沖縄探しが好きな人ならおわかりかと思いますが、"そーきそば"や"てびちそば"はあっても、この"なかみそば"がメニューにあるお店はそうそうありません。

ていねいに下処理されたモツに韮、玉葱、もやしを炒めてスープに合わせてます。ゴマ油の風味はこれも超オリジナル・・・説明より食べた方が早いです、ぜひ。泡盛(2杯目)にめちゃくちゃ合いますー。

 

地元ならではの味を活かしながら、アレンジを加えて万人に愛されるオンリーワン沖縄料理を生みだす「はいさい」

 

そんな「沖縄そーきそば はいさい」は、まもなく10月1日で1周年を迎えます☆

ランチにもディナーにも飲みにでも!「はいさい」へめんそーれー♪

 みなさん、"シルバーウィーク"はいかがお過ごしですか?

とらすけのうろつきエリアの恵比寿ガーデンプレイスでは開業15周年を記念して「恵比寿麦酒祭」が開催中☆

 

恵比寿は1890年の「恵比寿ビール」発売から約100年にわたり、ビール工場として親しまれてきた土地。「恵比寿」の地名もビールの名前にちなんで後からつけられたもの。

と、難しいことはさておき・・・"秋の夜長のビアガーデン"と言うことで・・・行くよねー☆

 

1799ybeer8.jpg 

なんだかスゴイ行列です!

 

1800ybeer10.jpg

まずは"年齢ご確認カウンター"で証明書代わりの黄色いリストバンドをもらいます!

とらすけもとらすけの後ろのおじ様方も、いっさい疑われることなくリストバンドをゲット!

係りのお姉さんがおじ様方に「オレらまだ18歳だよぉ」と言われ苦笑いしているのを見て、同じこと(=おやじギャグ?)を言いそうになっていたとらすけはちょっと反省・・・。

 

1797ybeer7.jpg

 みんな好きなんですね~☆と、ふと前にもまったく同じことを思ったような・・・あ、六本木でした。

 

1802ybeer5.jpg

こちら「エビススタウト クリーミートップ」のほか3種類の樽生がオール500円。もちろんその他ドリンク、料理も豊富です。

 

それにしても、あちこちから楽しそうな声。飲食の時間は、やっぱり人を幸せにします。

 

仮に、仮に、泡の消えたぬるいビールと予想よりひかえめな枝豆しかなかったとしても・・・それを囲む相手や仲間が誰であるかが重要で、総合的に感じる五感にも大きく影響しているような。

極端なことを言えば、どんな高級料理でもひとりで食べたら美味しいのかも楽しいのかも、正しくはわかりませんよね、きっと。

"同じ釜の飯を食う"(古い?)とは良く言ったもので、そんな人との関係や時間が、日々の中で互いに大きな意味を持ち、大きな影響を与えているんだと、改めて思い、実感したのでした。

つまり、"同じ樽の麦酒を飲む"ってことですね(?)

・・・みなさんは今日はどんな好きな人とテーブルを囲みますか?

--------------------------------------------------------------------------------

「恵比寿麦酒祭」は9月23日(水)まで開催中。 お時間のある方はぜひどうぞ☆

ひと段落して戻って来てくれた有賀店主。 

------------あらためまして・・・店舗数を増やして良かったことは何ですか?

そうですね、"収入UP"と言いたいところですが、一番はやっぱり、悪い時にも着いて来てくれる本当の仲間が見つかったことです。当たり前ですが店も人も良い時はみんな良い、心身ともに余裕を持って働けますから。自然に良い循環で店もまわりますよね。

でも、売上が下がってきた時、何かトラブルがあった時、そういう時にもモチベーションを下げたり、投げ出さずに、店主の自分を支えてくれる。

自分と同じくらい本気で店のことを考えてくれる人間たちに逢えたことは、1店舗だったらわからなかったと思います。今の従業員皆に感謝しています。

 

20090912toru3.jpg 

「北海道らーめん 貫」(西新宿)

 

------------今後の計画、展望など教えてください。

個人的には、今年中に法人化をして、来年の春には4店舗目をやれたらと思っています。

それから、自分の店で大将をたくさんつくることです!大将に育ったら、新店のトップになってもらっても、自分のところを辞めて独立してもらってもいいと思っています。

そうやってポジションが空けば次の人間が上がってきて、全体の底上げにもなる。その辺の店には負けない強い店が出来ます。

"貫"の店主の細川はその代表で、1店舗の西新宿の時から一緒にやって来て、2店舗目を経て、3店舗目のオープンで彼の名前を屋号にしてまかせようと思いました。

"貫"の屋号を提案した時、さすがにそれは無理かなと思っていたので、了承してくれたムジャキフーズには感謝しています!

 

8837toru1.jpg

 

8844toru2.jpg

3店舗のオーナーをつとめる有賀素生店主(左)と「貫」の細川貫店主(右)

 

------------最後に、トラストB契約をしようと思っている人へメッセージなどお願いします!

言い方が悪いかもしれませんが、本気でやりたいと思わなければやらない方がいいと言い切れます。つまり、本気でやりたいと思う覚悟が決まっていれば、やる意味は必ずあるので、ぜひ挑戦してもらいたいです!

 

終始大きく表情を変えることなく淡々と語ってくれた有賀店主。

どんな環境においても可能な限り"イエス"の処理をし、マイナスは切り捨て、プラスなものを自分と店に取り入れる。そんな常にポジティブな姿勢を感じました!

そして、その姿勢は各店舗で働くスタッフにも浸透していて、店全体からもそんな雰囲気があふれています!

ラーメン激戦区で光る3店舗☆全て訪れてみる価値ありです!

 

ラーメン超激戦区のひとつ西新宿の小滝橋通り沿いに店をかまえる「北海道らーめん貫(とおる)」 

 

aruga01.jpg 

 

ランチタイム、深夜はもちろん、週末は朝方までにぎわう店のひとつ。そんな人気店を経営しているのは有賀素生店主。

 

有賀店主は、昨年9月に西新宿の「久留米らーめん六つ門(むつもん)」を、トラストA(アシスト)契約からトラストB(ベーシック)契約に移行。

 

2558mutsumon1.JPG

「久留米らーめん 六つ門」(西新宿)

 

今年3月に2店舗目として歌舞伎町に「久留米らーめん六つ門」でトラストB契約を締結。そのわずか3ケ月後の6月には、1店舗目の西新宿「六つ門」のそばに「北海道らーめん貫(とおる)」を同じく新店で契約。その出店スピードには目を見張るものがあります!

 

そんな有賀店主にお客様のとぎれた一瞬に、お話を聞いてみました!

 

------------トラストB契約をしてからちょうど1年が経ちましたが?

そうですね、この1年間で気づけば、3店舗にもなって・・・ホントにあっと言う間でした。

トラストA契約から移行して、裁量に任される範囲が広がった分、売上を上げることの面白さと同時に難しさを実感しました。

同じ新宿でも歌舞伎町と西新宿では店のならびも客層も全くちがうので、当然ながら売れる時間や売れるものも少しずつちがうので、面白いですし、勉強になった1年でした。

 

hakodateshio.jpg

「凾館塩味(味玉入り)」定番の「札幌味噌」と並んで人気の高い逸品。

 

------------店舗数が増える事でどんな変化がありましたか?

1店舗から2店舗になったのと、2店舗から3店舗になるのとでは全く違っていました!想像を超えて。2店舗目の「六つ門」(歌舞伎町)の時は、店をまるごと任せられるメンバーが揃っていたので既存店にほとんど影響もなく、問題もなかったです。

でも、3店舗になってからはそう簡単に思うようにいかなくなりました。タイミングとして少し早かったのかもしれませんが、せっかくもらったチャンスを無駄にしたくないと思って。

既存店、特にそれまで調子の良かった歌舞伎町「六つ門」の売上は右肩下がりに落ちました。自分がいる店と任せる店で一瞬バランスが崩れたかもしれません。

まだ、建て直しの最中ですが徐々に売上は回復してますし、何が原因なのか、やるべきことが何なのか、自分だけでなく従業員全員が理解しているので、それをやっていくだけです。落ちたところからまた戻していくのもなかなか面白いんですよ(笑)

 

------------店舗数を増やして良かったことは何ですか?

そうですねぇ、収入UPと言いたいところですが、一番はやっぱり・・・・・

 

と、話していると入口から新しいお客様たちが。しばし厨房に戻り、明るい声と笑顔で鍋をふるう有賀店主。

・・・次回へつづく。

 

高井戸倶楽部

雨がしとしと降る夜。

甲州街道沿いを歩いていたとらすけは、ある工場を見つけました。

 

DSCF2622.JPG

なんか、お洒落な工場だなぁ・・・アパレル系かな?

近づいて行って、下に光る青い看板を見ると・・・

DSCF2623.JPG

「高井戸倶楽部」

とのちっちゃな文字が。

ますます気になる・・・。

 

早速入ってみると、中にはただ一つエレベーターが。

f0105681_181881.jpg

このエレベーター。中は真っ赤な壁紙で狭くて、さらに怪しさup。

 

エレベーターで上がった先は、

f0105681_1814875.jpg

とても雰囲気のよい店内。

広々としたフロアをあえて贅沢に使い、隣の席との間が大きく空いています。

 

早速料理を注文。

 

DSCF2624.JPG

こちらはバーニャカウダ。生クリームがこくをアップしています。とうもろこしが意外とマッチしてます!

f0105681_18421693.jpg

こちらはチーズの盛り合わせ。ナチュラル系からウォッシュ系、ブルーまで様々出してくれました。

これでワインも進みます。

 

f0105681_18422976.jpg

こちらは、チョリソーの盛り合わせ。高井戸倶楽部は、夏期限定で屋上にビアガーデンをOPENします。ビールの種類も豊富です!ビールとチョリソーはテッパンですよね!

 

料理やドリンクもおいしいですが、このお店は雰囲気と店作りを一番ウリにしていると思います。コンセプトを明確化し、一度決めたらそれをぶらさないことが、繁盛店のポイントだとか。

あなたのお店の一番のウリはなんですか?