2009年8月のエントリー

ジロラモさん、石田純一さんなどのチョイワルオヤジの方々のバイブル「LEON」

 

satuei.jpg

 

皆さんも一度は見たことあるのでは?

少し前に大ブームとなった「チョイワルオヤジ」。しかし、今でもかっこよさは顕在です。

こんなおじ様が歩いていたら、とらすけもドキドキしてしまいます。それほど洗練された雑誌です。

こちらのLEON10月号内

連載ページ オヤジのトキメキダイニングに、椎谷大将のお店「女流鉄板Takako」が掲載されました!

今月のテーマはずばり「草食系なんて放っておいて」オヤジはガッツリ肉食系!!

 

【Takako掲載】090824_LEON.jpg

 

椎谷大将の華麗な肉捌きがアップ!!

チョイワルオヤジと艶女(アデージョ)のデートにぴったりですね!

取材の時には、ナビゲーションのYULI*YULIさんも気にいってくださいました。

特にYULI*YULIさんがお勧めなのは、ミネラルウォーターの豊富さ。そして、きらびやかな白ワイン。

 

o0480064010221043532.jpg

 

さすが艶女!!選ぶものもさすがきらびやか。

みなさんもぜひ全国の書店でチェックしてみてくださいね。

 

『うら裏』@代々木八幡

今日もまた美味しいものを求めて、代々木八幡までやってきたとらすけ。

アットホームな雰囲気ただよう駅前商店街を歩いていると、気になるお店を発見☆

005uraura-top.jpg

『うら裏』 "裏"の文字がウラです・・・。そんな気になる看板と串揚げの写真に魅かれさっそく中へ。

店内はカウンター、テーブル席あわせて24席ほど。狭すぎず、広すぎない程よい席の間隔が落ち着きます。

さっそく注文!まずは・・・ 

1400uraura-s.jpg 

 焼そらまめ。いつもの枝豆じゃないとことがポイント(?)です。酒肴メニューは他に出し巻き卵、お新香などいたって・・・と言うか超シンプル!でもおいしいのはもちろん、美しい!丁寧なので綺麗なんです。

 

1397uraura-d.jpg

こちらは、店主オススメのどて焼。実はあまり食べたことなかったんですが、ビールに合うんですね。あ、焼酎にも。

 

1406uraura-ku.jpg

気になる串揚げはテーブルの伝票に記入して注文。種類豊富、1本からOK。

もちろん、ソース2度づけ禁止です。場所がら日本食好きの外国人のお客様も多いらしく"2ドヅケキンシ"の用語は意外に知ってるらしいです(笑)

串焼きも同じくあって、注文すると3種類のお塩が付いてきます。

常に揚げたて、焼きたて。食べるペースをみて出してくれます。GOOD★

 

ふと、最初に見ていた、メニューを裏返すと・・・

1404uraura-m.jpg 

中華料理やさん?と見間違うくらいの、中華メニューの充実ぶり!

聞けば、むかし大阪で6年以上中華を修行していたとか。東京で和食・洋食を学び、その後独立。ちなみにバーテンダーもやってたそうですー。

「いろいろやって中途ハンパに思われがちですが、自分としてはどれも本気で勉強しました!」と、アツく語っていただき、素敵です。

今から約7年前に1店舗目を阿佐ヶ谷に、3年半前に代々木八幡に2店舗目。1店舗目は任せられる社員に売却し、今はこの1店舗のみ。強い火力が必要な中華が出来る様、今年2月に改装&リニューアルOPENしたそうです。

気が付けば、インタビュー状態・・・。話し込んでスイマセン。

「一等地でお店をやりませんか?」と思わず"トラスト方式"を説明しそうになったとらすけ。

 

1403uraura-e.jpg

海老のチリソース。海老ぷりぷりなのはもちろん、ソースが美味しい!

お店に入って来る人、来る人、文庫本片手にその辺の近所から歩いてきたような(失礼)常連さんばかり。店主と気軽に言葉をかわします。

平日はもっぱらサラーリーマン、土日はこうして近所のおひとりさまや団体の常連さんたちでにぎわっているようです。

ちなみに店名の『うら裏』とは・・・?"うらと裏"=表無し="おもてなし"だそうです☆

 

仲良くなった(?)ので最後に・・・ 

1408uraura-t.jpg

とても40代には見えないイケメン&おちゃめな店主。ありがとうございますー。

そんな店主といつも変わらない安心できる味を求めて、今までもこれからも人が集うオンリーワンなお店をココにも発見したとらすけなのでした♪

 

 

避暑地で食欲回復!

 残暑がまだまだ厳しいこの時期。とらすけでさえも、食欲がなくなったりして。

ならば、涼しいスポットへ避難するしかない!というコトで・・・

 

0881umin.jpg

海の中へ☆・・・ではなく水族館です。

こちらは"カクレクマノミ"です。イソギンチャクが住まいです。食べられません。

ちびっこがとらすけに"ニモ!ニモッ!!"って指さして教えて(?)くれました。ありがとう。

 

0880umic.jpg

こちらは"チンアナゴ"です。食べられません。

砂底に群れをなして住んでいます。身体の下半分は砂に入り、上半分を外に出して流れてくるプランクトンを食べているそうです。とらすけ級に運動不足です。

日本名は犬の"チン"に似ていることから名付けられたそうです。確かに、耳を付けたらそっくりさん。

 

0886umi1.jpg 

 ビシッ!と素晴らしいジャンプ☆水しぶきサービス付き。食べられま・・・逆に食べられそうです。

 

0884umi2.jpg

接客スマイル100点。見習いたいです。

 

0885umi3.jpg

えへ。

何とも涼しげな海の生き物たちがをうらやましく感じつつ・・・歩きまわったらやっぱりお腹がすいたとらすけ。

と、この後のランチは魚に決まったのでした☆

Chinese Lantern

突然ですが、コレは何だと思いますか?

 

1734hozuki1.jpg

怪しげな花っぽく写ってしまいましたが・・・ハイ、こたえは"ほおずき"です。

 

1735hozuki2.jpg

英名で"Chinese Lantern"(=中国のランタン) と言い、中国の赤い小さな提灯がそれによく似ていること、英語でそれにあてはまるふさわしい語句がないためにそう呼ばれるそうです。

お盆の飾りでも有名なこのほおずき。"鬼灯"とも書き、ご先祖様が道に迷わないための提灯を表しているとか。

それにしても、見た目も色鮮やか。グルメなとらすけとしては(?)食べたら美味しいのかなーと思っていたら・・・発見☆

090812_hozuki.jpg 

食用ほおずき。

お世辞にも鮮やかとは言えないうすーい茶褐色。でも、これが食べ頃だそうで、袋をむいて中の実(写し忘れました・・・)を食べると、何ともフルーティーで甘酸っぱい☆

"ストロベリートマト"の別名に納得です!

ちなみに糖度は12~15度。桃やメロンにも匹敵。(あまーい)

 

人もほおづきも見かけによらない、大事なのは見た目じゃない・・・!

しみじみと実感した、とらすけなのでした☆

 

1731hozuki3.jpg

※これは食べられません・・・。

 

むしっとした最近の暑さに、日々連敗中のとらすけ。

元気を回復させるには、このお店しかない(?)と言うわけで、今年6月にOPENした『俺のハンバーグ山本 はなれ』へダッシュ・・・する体力がないので、徒歩!

OPEN当初は恵比寿・渋谷と違って、穴場スポットと思っていたら、やっぱりもうそんなことはないみたいで・・・満席です。予約すべし(反省)

 

しばらく待って、たどりついたのが・・・

 

1723hanare2.jpg

「石焼ビビンバーグ」

夏からの新メニュー、しかも「俺ハンはなれ」ディナー限定だそうです!

ヘルシーな雑穀米にトマト、アボカド、ハラペーニョ、しめじ、蕪、もやし・・・ま、まつたけも発見☆

とにかく野菜たっぷり。いろんな食感が楽しめます!

主役はもちろん和牛100パーセントの大きめハンバーグ。

味噌の風味がたまらないデミグラスソースにとろとろ半熟たまご・・・和×洋×韓流!? ハイ、"夏の最強チーム"できました。

 

1721hanare1.jpg 

前菜の山形県産の中玉トマト。まぶしいくらいツヤツヤ☆フルーツみたいに甘い♪

食後にはもちろんあの、魅惑のブレンドの野菜ジュースも♪♪

 

肉も野菜もごはんもしっかり食べて、体の中から元気に。

 

そんな"俺ハン"と山本オーナーの想いがギュッとつまった一皿を、ココロと五感とお腹で感じたとらすけなのでした。

ごちそうさまでした!