2009年3月のエントリー

WINE Bar Ma Cherie その②

『WINE Bar Ma Cherie』にて、近くにいたお客さんにワインをいただいたとらすけ。

ところでこれは何て言うワイン?と思ってお兄さんに聞いてみると・・・!!

さきほど見なかったことにしたページのワイン。ゼロ多いやつ!?

CIMG2004.jpg

ドメーヌ・フランソワ・ラマルシェ「ラ・グラン・リュ 2004」←そのまんま記憶その2。動揺して、ブレてます・・・。

ちょっとかためな味だけど・・・はたしてとらすけにその価値がわかるのか、かなり自信がなかったのです・・・もう一生飲めないかも。

その後しばらく、お兄さんととらすけに大いにワインを語ってくれたお客さん、ごちそうさまでした。

 

 

CIMG1145beaf.jpg

せっかくなので、気になる料理も注文。「自家製ローストビーフの山椒おろしあえ」

程よくローストされた上質の肉が茎わさびでアクセントをつけたおろし醤油にベストマッチ。

 

 

CIMG1149pasta.jpg

「ゴルゴンゾーラと鮮魚のクリームフィットチーネ」

ちなみにこれらの料理、シェフじゃなくさっきからワインを注いでくれているお兄さんが作っているのが驚きです。さらに、ここのスタッフさんは皆さん、ワインエキスパートもしくはソムリエの資格をお持ちだそうで・・・さすがです!

 

 

CIMG1144akada.jpg

胸元のソムリエバッヂがまぶしいです!

ワインの知識やうんちくを語るのではなく、その人が求めているもの、好むものをきちんと汲んでセレクトして出すことができる、誰にでもわかる表現で説明をしてくれる、そしてお客様を満足&喜ばせることができる、まさにプロです☆

そんなお兄さんが帰りに言っていたのが、「さっきのワイン、あと10年くらい後に開けても良かったかな」と。そうなんだー、まだ若いってこと!?だからちょっとカタイ感じだったのかな?

「まだ小学生なのにお母さんから引き離していきなり一人旅させちゃったみたいな感じ?でもお客さんが満足ならOKなんですけどね」

何とも言えない表現!やっぱりプロです(笑)少しだけせつない顔をしつつも、最後はすてきな笑顔のお兄さんに見送られ、とらすけはお店を後にしたのでした。よしっワイン、勉強しよ。

WINE Bar Ma Cherie その①

JR上野駅を降りて、御徒町方面へ。にぎやかな通りを一本入ったところに、ひっそりとあるお店を発見。

『WINE Bar MaCherie(マシェリ)』

店内はカウンターメインの12席ほどの小さなお店ながら、何だかとってもあったかい雰囲気。ピカピカに磨き上げられたずらりと並んだたくさんのワイングラスがキャンドルのやわらかい光でさらに輝いています。

ワインは好きだけど、正直まったく詳しくないとらすけは、全てを委ねることに決定!!ワイン→チーズの単純な発想で、「チーズの盛り合わせ」をオーダー。すると・・・

 

CIMG1138heart1.jpg

「どれにしますか~?」と、メニューと一緒にたくさんのチーズたちを出してくれたお兄さん。

中でもひときわとらすけの目を引いた左上のハート型のチーズは中身もホントにハート型だそうで・・・

 

CIMG1140heart2.jpg

キュートです♪

その昔、フランスでの百年戦争の折に、ある女性が敵国の兵士にひそかに想いを伝える為にハート型にしたのが始まりとか。何てステキでせつないお話。女の子じゃないとらすけでも胸がときめきました♪

バレンタイン&ホワイトデー向けに仕入れたそうで、お兄さん、やりますねー。

CIMG1143cheese.jpg

さっきから"ハートチーズ"と勝手に呼んでいますが、正式名称は「ヌーシャテル」

白カビタイプで、見た目によらず塩気が強く個性的でしっかりした味わいです。ちなみに、右からハート型をきざんだ(悲)「ヌーシャテル」、真ん中がフランスの「サンタンドレ」、濃厚でなめらかなバターのような味。そして左が、スイスの「グリュイエール」、ナッツのような深いコクのあるハードタイプ。添えられているのは、枝付きレーズン。とっても珍しい&美味!

 

CIMG2005.jpg

オススメしてもらったワイン。HEDGES「THREE VINEYARDS(スリーヴィンヤーズ) 2005」←聞いたまんま記憶。

若いのにとても豊かなフレーバー☆ラズベリーとかプラムのような・・・?なめらかな舌触りに、後味を引き締めるスパイシーな感じ?あってるかな・・・。牛肉料理と合うそうです。

ワインは常時150種類、貴重なモノもたっくさんあるそうです。ふと、メニューをめくってみると・・・

 

 

CIMG1141menu.jpg

とらすけ財政では賄えない、ゼロがたくさん並んだワイン。このページ、見なかったことにしよう・・・そっとメニューを閉じます・・・パタン。

と、いつの間にか近くにいた、いかにもワインを語ります風なお客さんが、お店のお兄さんととらすけにワインをすすめてくれました!

「え?いいんですか??」よくわかんないけど、ラッキー!?いただきます☆

と言うわけで、つづく・・・。

久留米らーめん「金丸」

「六つ門」を追っかけしていたおかげで、「久留米らーめん」がマイブームになりつつあるとらすけ。

銀座1丁目にある久留米らーめん「金丸」へ。よく「かねまる」なんて呼ばれたりもするそうですが、「きんまる」と読みます。 

CIMG1217kinmaru1.jpg

店内に入ると「いらっしゃーい!」と言うお店の方全員の元気な声。

とらすけが券売機をじーっと見つめ、いつものようにどれにしようか迷っていると、店主がすぐにかけつけ言葉たくみに説明してくれました。うんうん、どれも美味しそう・・・で、やっぱり迷う・・・。

CIMG1218kinmaru2.jpg

迷いに迷って、「醤・金丸」を注文!基本のとんこつに魚介ダシを加えて醤油味に仕上げた、さっぱりしつつも味わい深い一品。

とろとろの玉子としゃきしゃきのメンマ、八角がきいた角煮はどれもGOOD。臭みのないスープはとらすけ好み。細めの麺がほどよくスープにからみます。

「金曜のこの時間はみなさん飲みに行っているのか、まだあまり混んでいないんですよー」と、いかにも美味しいらーめんを作りそうなルックスの店主。初めて会った気がしない、と言うかまるで昔からの知り合いのような(?)とっても親しみやすい感じ☆ 

 

 

CIMG1220kinmsru6.jpg

そんな話をしていると、気がついたらお客さんがいっぱいに。混んでないなんてコトはありません!

お客さんが入ってきた瞬間「いっらっしゃい!」と言いながら、素早くお水を準備してお客さんのもとへかけつける店主。す、素早い動き・・・予想より身軽(笑)

 

CIMG1221kinmaru4.jpg

とっても忙しそうになったので、とらすけはお店を出ることに。

「ごちそうさまでした~!おいしかったです!」と声をかけると・・・

 

CIMG1222kinmaru5.jpg

いただきました!100点満点スマイル☆プライスレス!

お店を出る頃には、すっかり1週間の疲れも吹き飛んだとらすけなのでした。

   3月1日(日)、ふたたび歌舞伎町にやってきたとらすけ。

小雨の降るあいにくの天気の中、オープンを30分前にひかえたお店に到着!

 

P3012725_kakoh.jpg

入り口前には真新しいのれんがかけられ、前々日の夜、有賀店主が手にしていたあの店頭メニュー版も立派に完成!お祝いの花も飾られ、店頭の開店準備は万全のようです。

店内をのぞいてみると・・・      

CIMG1207pre0.jpg

入った瞬間、素敵な笑顔の女の子2人が「いらっしゃいませ!」と明るく元気な声で迎えてくれました!

「あ、お客さんじゃないですっ!とらすけと申しまして・・・おじゃましてスイマセン・・・」変わらぬ笑顔で対応してくれました。素敵です♪

店内は最終準備の真っ最中。活気にあふれ、テンション高め ↑ なイイ空気が感じられます!!

 

そして、開店時間の午前11時、「久留米らーめん 六つ門 歌舞伎町」が自信と誇りをもって参戦したこの地に歴史を刻むべく、ついにオープンです☆

いつの間にか雨もやみ、ところどころ雲の切れ間から明るい光が射し、天気も味方してくれているようです。

開店前から「もう入れます?」と何度か聞いていた2人組のお客様がさっそく店内へ。「いらっしゃいませ!!」とスタッフ全員の大きな声が店の外まで聞こえてきます!それを見聞きした通りを歩く人が、足を止め、次々とお客様が店内へ吸い込まれて(?)いきます。

店内に入ると、日曜午前のまだ人通りも少ない中、開店数分で半分以上の席にお客様が。

 

CIMG1214aruga.jpg

有賀店主を筆頭に全員がフル回転で店内の活気はさらにアップ!

 

CIMG1211tokumtsu.jpg

とらすけもちゃっかり「特六つ門」を注文。記念すべき「六つ門 」歌舞伎町店の第1・・・第8号くらいのらーめん!!(笑)味はもちろん絶品です。

その後も、入れ替わり立ち替わりでお客様が店内へ。その度に「いらっしゃいませ!」「ありがとうございました!」の心地よい声が飛び交います。

間もなくのランチタイムは行列必須を確信したとらすけなのでした。

 

P3012allstaff.jpg 

全員集合で記念写真。チームワークもバッチリでみなさんとってもイイ顔しています!

絶品久留米らーめんと絶品笑顔スタッフのいる「久留米らーめん 六つ門 歌舞伎町」へぜひ一度足を運んでみることをオススメします!!