2008年6月のエントリー

トラスト契約ってそもそもナニ?って思う人も多いですよね。

トラスト契約とは、㈱ムジャキフーズの所有する店舗の、繁盛店育成業務をあなたに託します!という業務委託契約のこと。

内津氏は、ホテル日航東京天ぷら吉野の料理長時代にこのトラスト契約のシステムを知って独立を決意。企画書作りから始まり、数々のステップを経て、今に至ったというわけなのです。

この契約は内津氏にとって、サラリーマンから個人事業主になる、つまり独立を意味する契約。何枚もにわたる書類に署名し、捺印していきます。

さらさらっと書いているけれど、この時ばかりはいつも穏やかな内津氏も真剣な面持ちです。

見ているトラスケも緊張しちゃいました!!

   

内津契約①.jpg

内津契約②.jpg最後は、「ホッ」といつもの笑顔が出た内津氏であります。。

 

新たな職人のお店のオープンが着々と進んでおります。

某一流有名ホテルの天ぷら店で長きに渡り料理長として実績を積んだ職人の、満を持しての念願の天ぷら店です。

屋号は、「天てんぷら うち津」

職人の方は、その屋号の通り、内津氏です。

これから外観、厨房工事、備品搬入など、オープン迄、一気に準備が進みます。

 

先日、ある雑誌の取材を受けました。

これから自分のお店が開店するとあり、真摯に応える内津氏ですが、と同時に穏やかな笑顔が嬉しさを物語っておりました。。

 

 

天ぷら取材.jpgしばらく、とらすけは内津氏を追っかけます!

ちなみに、店主内津氏の開店準備の日記ブログはこちら

↓↓↓

http://tempra.jugem.jp/

「皆様、お疲れさまです。天てんぷらうち津の内津です」で始まる日記は、真面目さが全面に出ていて、ある意味、クセになります。(笑)

 

 

 

 

人気ベトナム料理店

某有名グルメクチコミサイトで見て、ずっと気になっていたベトナム料理のお店。

ベトナム料理好きの間では、結構有名な店です。今週末、予約がとれ早速行ってみました!

蒲田というディープな場所で、店に辿り着くまでは更にディープで訝しげな看板が多い中、本当にこの辺にベトナム料理店があるのだとうか?と不安になることしきり。

薄暗く看板が2階に見えました。

 

ミレイ.jpgみしみしと階段を上がると、女性客、グループ客で満席です。お店の内装の壁面にはベトナムらしいカラフルな絵が描かれ、キッチュで親しみやすい女性が好みそうな雰囲気です。

メニューは手作りっぽく、すべて写真付き。お店で働く女性スタッフも皆柔和で親切な好印象。

あれもこれも興味をそそるメニューが多い中、今日はおすすめや王道メニューを頼みます。  

生春巻き.jpg            生春巻き

  揚げ春巻き.jpg            揚春巻き

 

フォー.jpg            チキンのフォー              

空心菜.jpg

            空芯菜炒め

                             なす炒め.jpg            なすとひき肉のベトナム風炒め

 

これは頼んだものの一部ではありますが、やっぱりどれも美味しかったです。クチコミ評判は、やはり信憑性が高いと実感しました。

しかも21:00過ぎるともう食事はラストオーダー。営業時間も短い。濃厚な営業スタイルです。

またベトナム料理が食べたくなったら、まず頭に思い浮かぶ店としてインプットされたとらすけです。

 

恵比寿では既に有名な俺のハンバーグ山本。秘かに渋谷進出の計画も進んでおりました。

今回の出店も、ムジャキフーズのフルトラスト契約(=飲食店運営の業務委託契約)という、店主がほぼ丸ごと店舗の運営を行うスタイルで、経営者としての手腕により大きく変わってきます。

更なる野望とチャレンジ精神を大きく秘めた俺のハンバーグ山本は、今後どんな進化をしていくのか楽しみです!!

俺ハン2号店.jpg