2008年3月のエントリー

日本酒と塩のチョコレート

金沢に行って来た方から、チョコレートをもらいました。

「福光屋」という日本酒のお店で販売している、「SAKE SALT CHOCOLATE」とあります。

日本酒と塩のチョコレートってことか?

チョコレートがそんなに得意ではないとらすけですが、甘くなく、ほんのり塩味のする、大人な、このチョコレートはとても気に入ったのであります。

 

チョコレート.jpgこの渋いパッケージもビターな感じでいいですね!

今日は最終日。お天気もばっちり快晴です。

今日は、千本鳥居が見てみたいと思い、伏見稲荷神社へ向かいました。

駅の目の前にドーンと伏見稲荷神社がありました。お稲荷様があちらこちらにたくさんいます。

お参りをし、千本鳥居の方に向かいました。

「お!! すごい・・」  

千本鳥居.jpg鳥居が、10センチ間隔位にびっしり長く並んでいます。外国の観光客も多く、皆写真撮影に真剣です。ここは、昔のJRの京都のCMで使われた場所らしく、そう言われて思い出しました。。

しかし、京都は本当に観光スポットが多い。外国人が京都に来たがるのがとてもわかります。

 

ランチは、四条の方へも戻り、「つけもの寿司」を食べに行きました。

「御すぐき處なり田」という漬物のお店のランチです。

 

漬物寿司.jpgつけもの寿司8貫、湯葉入り赤だし、ゴマ豆腐がついて、1200円。

見た目が鮮やかで、京都らしさ満点のランチは、人気が高いようです。

お味の方も、とても美味しかったです。京都に行ったら、ぜひ食べてみて下さい!

 

その後は、錦市場の方へ行ってみました。

人が溢れて、活気があり、前へ進むのがやっとです。

京風たこ焼き、つけもの、煎餅、おにぎり、などなど歩いていると誘惑が激しく、とらすけは立ち止まっては、食べまくりです。

有次という包丁の有名なお店の本店も見つけ、ここでは無料でその場で名前を彫ってくれます。お土産に卸し金を買い、記念に名前を入れてもらいました。

面白い食べ物発見。 

 

鳥ハム.jpg鳥ハム?って初めて聞いた。蒸し鶏っぽいなあと思いながら食べてみると、ほどよくスモークされていて、お酒のつまみにいい感じです。

市場を見終わり、また人だかりを見つけました。カフェスタンドのようです。コーヒーのいい香りがしてきました。びーんず亭というスタンド式のコーヒーのお店でした。

1杯ごとに、豆を挽いて、ゆっくりドリップしてくれるコーヒーは、香りがたまりません。おまけにつけてくれる手作りクッキーも美味しい。

店主の似顔絵が入ったコーヒーカップもユニークです。お味はもちろんグーです。  

びーんず亭.jpg午後は、ひたすら食べまくり。歩きすぎて、足はやや引きずりぎみ。。でもとても濃い京都の旅は、とらすけの今後の活力になってくれることでしょう。。。終わり。

2日目は、お天気も非常に良く、嵐山の方へ向かいました。嵐山へ来たのも遥か昔のことで、ほとんど記憶にございません。。

駅からレンタルサイクルで、渡月橋方面へ走ります。自転車は快適!

 

渡月橋.jpgあ、橋が見えました!あ~気持ちがいい!山も川もきれいです。

 

橋.jpg橋を渡り、自転車で爽快に走りまわったとらすけは、空腹に耐えられず、午前中ですが、そばの看板に惹かれ、川沿いの蕎麦屋に入りました。

 

京野菜そば.jpg京野菜そば、というのを頼みました。冷たい水でしまったそばの上に、大根、かぼちゃ、かいわれ、ごぼう、おくら、大葉がのり、ダシをかけて食べるのですが、これがまたとってもお上品で美味しいおそばでした。鴨川を見ながらのロケーションも更に美味しさが増したのだと思います。

腹ごしらえもすみ、次は嵐山から亀岡を結ぶトロッコ電車が目的です。

途中、竹林の道がありました。

 

竹林.jpgこれまた風が爽やかで、マイナスイオンに満ちて、歩いているだけでヒーリング効果の高そうな竹林がしばらく続きます。

トロッコ電車の駅がまもなく見えてきました。1時間に1本しかないトロッコがまもなく出ます!急いで切符を買い、トロッコ電車へ飛び乗りました!

「それでは、ぼちぼち行きましょか~。」という京都弁の車掌のアナウンスに、みんな笑ってしまい和やかな雰囲気です。

トロッコの楽しい雰囲気とはちょっと違い、景観は大自然の迫力の大パノラマが広がります。

 

保津峡.jpg左右キョロキョロしながら、「おお~!!」「すごい!」という声があちらこちらから聞こえます。

 

保津峡駅.jpg途中1つ無人駅に停車。トロッコ保津峡駅です。「誰か降りる人おりませんか?」

ここで降りるのは何の目的があるのだろう。。「あのつり橋は、ドラマの撮影でもよく使われます。2時間ドラマのサスペンスものですな」 なるほど。

そこから、まもなくトロッコ亀岡駅に到着。

今日は、嵐山を軽快に駆け抜け、トロッコ電車で保津峡のアドベンチャーな景色を体感することが出来て、とても満足度の高い嵐山・トロッコ電車篇となりました。

 

先週末、とらすけは京都へ行って参りました。旅行で行くのは、修学旅行以来!?何年前かはおいといて。。

行きたいところがたくさんありすぎて、どうしようかとぎりぎりまで迷っておりました。あまりきっちり計画を立てずに、だいたいの目星をつけて廻ることにしました。

ちょうど「京都東山花灯路祭」というのが開催されていて、パンフレットでとても興味をそそられ、夜は清水寺へまず向かいました。

桜はあと1週間!というところで、残念でしたが、清水寺も夜の特別拝観を行っていて、ライトアップされた清水寺には、たくさんの人が集まっていました。

 

清水寺.jpg「あ~、これ!見たことある!!」実際見ると、荘厳で息を呑む景観です。

清水寺前.jpg清水寺を降り、入口のところまで来ると、青白い月が闇夜に浮かび、それはそれは目を奪われる景色に、なんだか背筋がゾクッとします。。

清水寺を出ると、花灯路が均一に置かれ、華やかで賑やかな雰囲気です。

  夜寺.jpg      高台寺桜.jpg 高台時にある有名なしだれ桜は、皆さん正座をして静かに見ていたのが印象的です。

  夜桜.jpg春の宵の妖艶な京都に、完全に魅了されたとらすけは、途中で売っていた京都の地酒とホットワインを飲みながら、ほろ酔いの良い気分で、祇園の町へ抜けていったのであります。。

 

本日発売の「ガテン」に、先日取材を受けましたらーめん店主の記事が掲載されています。

巻頭の「独立する弟子へ―。師匠からの卒業証書」という特集の中で、らーめん店主として、トラスト方式で独立した店主が、お世話になった師匠からオリジナルの卒業証書をもらうというヒストリーを交えたユニークな企画です。

紆余曲折を経て、らーめん店主として独立する迄の経緯は、読んでいてとても興味深いです。らーめん店主として独立の一例として、ぜひ読んでみて下さい!  

ガテン竹内力.jpg竹内力さんが表紙で、ますます「ガテン」な感じですね~  

ガテンラーメン.jpg話していることが、こちらまで伝わってきそうな臨場感のある写真です!

この手書きのオリジナル証書で、師匠の熱さが伝わると思いますが、いかがでしょうか?(笑