2007年4月のエントリー

獅子丸バーグ

中目黒の目黒川通り沿いにあるなんだか気になる外観のお店に入ってみました。1階が鉄板焼きで、2階がバーというこのお店。カウンター席とテーブル席がいくつかあり、既に馴染み客のような雰囲気を漂わせる落ち着いた大人のお客様で満席です。鉄板焼きのお店で、メニューもオリジナリティが強く、どれも興味が湧くメニュー名です。このお店の店名が入る定番メニューのような「獅子丸バーグ」なるものを頼みました。

獅子丸バーグ.jpg

ハンバーグはお肉がゴロゴロしていて、ジューシーな肉汁が溢れ出してきます。素直に旨い!
付け合わせに、カットされた食パンがこんがりと焼かれてついてくるのですが、これがまたハンバーグととても合います!デミグラスソースと食パンとハンバーグを一緒に食べると、とても満足感の高いメニューだなあ、と思ってしまったのでした。さりげないアイディアだけど、1つお気に入りのメニューがあるだけで、また来ようと思うし、他の人にも「あの店の、あれが旨い!」と教えたくなるんだよな。老若男女誰にでもウケそうな売りの看板メニューは強い!

飲食店経営者の懇親会

先日、恵比寿のウェスティンホテルにて飲食店オーナー達の懇親会を開催しました。現役の繁盛店を経営するオーナー達はキャラクターの強い個性豊かな面々で、集結すると更にパワーアップします!毎日気合の入った営業を続けられるのも、よくわかる気がします。お酒も入り、宴も盛り上がってきます。
懇親会.jpg

自ら司会進行をし始める中島オーナー、歌もトークも絶好調です!

懇親会2.jpg

後半は、ほとんどのオーナーが壇上に上がり、トークの掛け合い?!

皆さん、飲食店経営者という立場で、同志でもあり、ライバルでもあったり。。明るく楽しんでいる様子がとらすけにとっても充分パワーをもらえた時間でありました!

塩金伝丸

渋谷センター街の「渋ビルヂング」1階に金伝丸というらーめん店があります。ここの地下1階に金伝丸の2号店で「塩金伝丸」というらーめん店が4/5に新しくオープンしました。ここは小林店主というまだ20代前半の若い探究心の強いオーナーが北海道で知った黄金の塩スープのらーめんを食べてもらいたいということで誕生しました。

塩金伝丸入口.jpg

大きなメニュー版に引き込まれ、地下へ降りてみると、白い壁が清潔でカジュアルな印象です。基本の塩らーめんと味玉を頼むと、「スープはこってりとスッキリの2種類ありますが、どちらにしますか?」とのこと。とらすけの気分的に今日はスッキリにしてみました

塩金伝丸らーめん.jpg
黄金のスッキリした味わいのスープはクセになる味。旨い!

帰りにこっそり、こってりの白湯スープも味見させてくれました。この2つのスープは、お茶漬けにも合いそう!と、店主に新メニュー開発をお願いして店を後にしたのでありました。

シブヤ経済新聞さんに、「塩金伝丸」のニュースがリリースされてます!
http://www.shibukei.com/headline/4230/index.html

女性シェフ

広尾にある鉄板焼きのお店が、シェフが女性とのことで気になり早速行ってみました。落ち着いたインテリアで、鉄板のあるカウンター席もゆったりと寛げる大人の為のお店といった雰囲気です。目の前のカウンターでは、若き女性が2名落ち着いた様子で調理しています。「女性のシェフは新鮮だなあ。。料理も楽しみ!」


フォアグラ.jpg

フォ、フォ、フォアグラ。表面はこんがりで中はふんわりの食感が贅沢です。

続いては、メインのサーロインとヒレのステーキを焼き始めました。そろそろ焼きあがる頃と待っていると、
何やら木箱が運ばれてきました。


塩.jpg

なんと全て塩!各国の珍しい塩が1つの箱にまとまりこのサービスで魅了されます。

料理、雰囲気共に、初めて行ったお店ですが、また来たい!と思った店にまた出会えました。でも何よりもまた来たいと思ったのは、女性料理長椎谷さんの穏やかな笑顔と、料理に真摯に向き合う自信の感じられる姿が強く印象に残ったのは間違いありません。

女性シェフ.jpg

天ぷらと山桜

外苑西通り沿いの小道の坂を下ったビルの半地下のような入口に小さな行灯で「天ぷら 元吉」とあります。そして「花見出来ます」との案内。中に入ると、こじんまりとした店内は、白地のカバーがかけられた椅子が並ぶカウンター席と、おとされた橙色の照明、上方には、山桜の枝が大きくしなだれて、風情漂う大人の空間といった雰囲気です。「これは、期待出来そう・・」と、はやる気持ちを落ち着けるとらすけであります。。コース料理を頂くことにし、季節の食材がゆっくりと揚げられていきます。


えびあし.jpg

サクッ!! うまいっ・・・ 海老のあし とのこと。
香ばしさがたまらない!

海老、竹の子、まこもだけ、きす、椎茸、穴子、たらの芽、蛤・・・上質な油で揚げた旬の素材は、天ぷらにすることで、更に素材そのものが活きる気がします。。。


天茶.jpg

シメは天茶で!濃い目の日本茶が渋くて、あっというまに平らげたとらすけです。

30代前半の若い店主が念願叶ってオープンしたこちらのお店は、オープンして約半年とのこと。器が好きだという店主の趣味で、1つ1つの器が吟味されて丹念に選んだこだわりが感じられます。内緒にしておきたいような、誰かに教えたいような、こんな隠れ家なお店を見つけると嬉しくなるとらすけでありました。


  飲み友達.jpg

山桜を見上げる飲み友達初登場!と思いきや、2回目の登場の男前お父さんです。