2015年1月のエントリー

高齢者向けメニュー

昼間街の飲食店を見ると意外に高齢者が食事をしている割合が多いことに驚く。
定食屋、ファミリーレストランはもちろん、この店は若者客がメインターゲットと思われていたようなファーストフードやこってりなラーメン店でも食事を楽しんでいる。

ファミリーレストランのジョイフルは朝に出している安価で量も少なめのモーニングメニューを60歳以上の高齢者限定で全時間帯に提供を開始し、高齢者向けサービスを充実。

学生をターゲットにした学割や大盛りサービスなどがあるように、これからは高齢者向けのサービスを考えてみると新たな需要を取り込めそうじゃ。

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その105】相手に得をさせる!

本当の得とは、する方よりさせた側の方が大きくなるんじゃ。得させれば更に大きな得が回ってくるぞ。

フレンチ、イタリアン、ステーキと立ち食いの店が増えている
原価率の高いコストパフォーマンスの良いものを提供し
立ち食いにより回転率を上げ収益を出す

しかし、コストパフォーマンスが良いというだけで
立ってでも食べたいという人がどれぐらいいるのだろうか

最近の若い人はお酒を飲まない
飲み会をしない
という話をよく聞くが、実はこのあたりの世の中の流れと
うまくマッチしているのかもしれんのぉ

だらだらと長時間飲むのではなく
さくっと食事をしながら会話を楽しむ
そして料理が美味しければなおさらOK

宴会コース120分の飲み放題やコースではなく
90分の短い宴会コースなんかも実は需要があるかもしれん

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その104】秘書を使え!

言葉に責任をもつのは自分。その言葉の後を管理してくれる人、(秘書)が居れば後戻りせずにすむんじゃ。

全席禁煙

鳥貴族で全席禁煙店舗が池袋にオープンした
試験店舗ということだが、居酒屋としては大きな試みじゃ


健康志向の高まりもあるが
食事を楽しみたいという客にとっては嬉しいこと


全席禁煙は高級店ではよくある光景じゃが

大衆居酒屋もこういった動きは料理に自信を持っている
一つのバロメーターになるかもしれんぞ

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その103】フライングしろ!

ピッタリじゃなめられる。遅いのは論外。ピッタリよりちょっと早いフライングが、調度良いスタートなんじゃ。

 3Dフードプリンタが開発されている
カートリッジに乾燥したタンパク質や脂肪などの栄養素や香料などが粉状のなったものを使い、プリンタヘッドで油と水を混ぜる
それらがノズルから熱されたプレートの上に押し出され、層が積み重なるように料理が製造されていく

現時点でもシンプルなピザなどであれば実現できると聞けば驚きじゃ。

近い未来、外食産業はどうなるだろうか。

美味しいものが食べられる。
作る手間がいらない。

などは外食をする理由にはならなくなってしまうぞ。

自店に今来ている客が何を求めて自分の店に来ているか
そこから近い未来必要の技術革新で必要なくなるものを引いたとき
本当の自店の価値が見えてくるんじゃ

何もなくなってしまう店は要注意じゃぞ!

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その102】考えるなマネをしろ

考えをめぐらすより、調べて選んでマネする方がスピーディじゃ。