2014年10月のエントリー

演出が重要

スターバックスで10月1日より、カフェラテを18年目にして初めて全面的にリニューアルした。原材料を含めた全面的な見直しでミルク、コーヒー豆、バリスタの技術トレーニングが主な見直し。

リニューアル当日に早速お店でオーダーしたぞ。

従業員の口頭でリニューアルのおススメ・告知。
ラテと一緒に渡された、リニューアルを知らせるカード。

ここまで、やられたら一口飲む前に、変ったんだ、美味しくなったんだと脳が洗脳されたぞ。何も言われなかったら感じない人もいるかもしれないがこういった演出が美味しさの要素の一つなんじゃ。

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その90】プロ目で見るな!

お客様は業界人ではない、ほとんど素人なのだから、相手の立場を理解するのにプロでいてはだめだ。素人の目で見れるプロフェッショナルであるべきじゃ。

深夜営業

すき家が全体の60%にあたる1167店の深夜営業を停止する


人手不足や労働環境ばかりに目がいきがちだが、24時間営業の必要はあるのだろうか。


低価格に走ると客数を増やさなくてはいけない、単価を上げれば客数は少なく営業時間も短くても同じ売上を少ない労務費で上げることも不可能ではない。

個人の飲食店においても、今一度営業時間について、求められている時間を分析し売れる時間にとことん売る体制を考えてみてはどうじゃろうか

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その89】関心無い事を見ろ!

関心ある事は自然と必要以上に耳に目に入る、だからこそ社会がどこを向いているのかは自分の関心の無いところから見つけ出せるんじゃ。

クラフトビール

飲食業界でクラフトビールが流行っている

地ビールではなく品質を重視した手工芸品であるクラフトビール

飲食店だけでなく、キリンもクラフトビールに参入し、「スプリングバレーブルワリー」の販売開始した

誰もが美味しい!という味ではなく自分にとって美味しい味を求める時代

SNSの普及により、TV雑誌が紹介する「最高の味」ではなく、自分の好みに似た人が紹介する「自分にとって美味しい味」を探しやすくなっている

飲食店も、誰もが気に入る味ではなく、コアなファンを魅了する味を研究してみるべきじゃな

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その88】なぜから始めろ!

どうすべきかを迷っている時、なぜ前に進まなければならないのかを自分に問えば、迷いの中から自分にとって正しい答えを導きやすくなるぞ。
マクドナルドに始まり、各種コンビニエンスストアーでも100円前後で
美味しいコーヒーが飲める時代になった

最近では缶コーヒーも企業努力を重ね高品質になってきている
ラーメン業界においても同様の状況が考えられる

カップラーメンやインスタントラーメン、冷凍食品のラーメンも高品質化しており、
低価格で美味しいラーメンが食べられる

コヒー業界でスターバックスが成功しているように、
ラーメン業界でも美味しいのは当たり前、
それ以上の価値をどう顧客に提供できるかがポイントになりそうじゃ

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その87】許す事から始めよう!

責める事を考える前に、まず許す事をまとめておけば、理路整然と相手へ伝えるべき事を伝える事が出来るぞ。

「らしさ」とは

マクドナルドの業績不振のニュースを最近よく目にする。

前社長の著書に「業績不振になった会社は、必ずといっていいほど、その会社らしさを失っている。業績を回復した会社を見ると、必ずといっていいほど、『らしさ』を取り戻している」とある。

個人店においても、業績が思うようにいかないときは過去に上手くいっていた頃もっていた店の「らしさ」を、「らしさ」とは何かを思い返してはどうじゃろうか。

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

今日の「税金をたくさん払うための108の法則」

【その86】種明かしするな!

どんな些細な事でも、全てを明らかにされると興醒めするもんじゃ。魅力というのはちょっとばかり霧がかかっているぐらいが良いんじゃ。